じぶん銀行住宅ローンの審査は甘い?厳しい?

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせて総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が無くても購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

マイホーム購入がそろそろしたいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

多くの銀行で申し込みができるのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

サイトには資金調達の事だけでなく従業員の態度や店の雰囲気まで細部まで観察し、自分が思ったことを詳しく記載しているところもあるのでどうせなら良い契約をしたいと考えている人にとって大変良い参考例になるかと思います。

近々、こだわりのマイホームを購入したいと考えている方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、1割である11万円を税金として払う必要があります。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

従って、最近ネットでも話題になっている評判の知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、登録している方だからこそ割引してもらえます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには住宅ローンを組まないといけません。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、これは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

人生の中でも最大の買い物とも言える大きな商品です。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる費用がかさむと、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

これから先、親との一緒に住むことになっている方に今人気の住宅ローンについて理由も一緒に紹介したいと思います。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、年齢がいっていても安心して申込み出来るのです。

仕組みとしては、借りた二人が同時に返済するのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまいますよね。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも申し込みは出来ます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。

という甘いものではない事を心しておくと良いです。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

新しく新築を購入したものの、返済している間に病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。

他にも細かい条件があるので、確認しながら少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、住宅のためでないものは通常、認められません。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

もし、法律に違反いている契約であったとすればこれを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、これからの事を十分考慮して考えましょう。

引用:じぶん銀行住宅ローンは審査が甘い?基準通りやすい?【落ちた人は?】