教育ローンで審査の甘い銀行を選ぶには?国の教育ローンと比較

高校生の学費といっても私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方なので安心して借りることができます。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、利用する際には審査に通る必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが収入証明は必須です。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より一番重要な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方についてですが教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後からの返済となります。

金利が低い教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

銀行の教育ローンが3から5%、信販系は5から10%なので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンでいくらまで借りられるか?という疑問を抱いている方はいませんか?いくらまで借りられるかは融資機関によって様々です。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度です。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンの申し込み方法は郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますしとても便利ですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできないと思われます。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定継続した収入があることは不可欠です。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などといった生活費のすべてを自分の稼ぎで支払えているかも重要な要素になります。

国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですし返済期間も長いので余裕を持って返済ができます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が割引になる銀行もあります。

教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社など多くあります。

その中でダントツでおすすめなのは国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校だけでなく中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンが借りれないという人には色々な原因があると思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用として契約している方は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、借入する金融機関によって大幅に差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資しお互いを助けあうために設立された非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%程度になっています。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送り代なども認められている点が面白いですね。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金を申請した方が近道だと思います。

教育ローンの返済方法について解説します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間については最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで融資を受けることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や世帯年収(所得)によって受けられる優遇制度もあります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

引用:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?【学費を借りたい】