水不足による買占めの問題を考えてみたら?

前回の続きですが、地震後は、度重なる計画停電もあって、余計、不安になりました。
「災害で水不足になり断水が行われるのでは?」など、不安が誰の心にもあったのではないでしょうか。
(汗)。
しかし、このような不安から誰もが買占めという行動に出てしまれば、被災地など、本当に必要な方に水が行き渡らなくなってしまいます。
(涙)被災地で、実際に水不足で困っている人、乳幼児のいる家庭、そんな場所に飲料水が行き渡らなくなります。
ですから、このような事を買占めに走っている人はきっとわかっていないのでしょうね。
こんな話もあります。
よく聞きます。
(汗)もちろん、大人でも、汚染された水は飲みたくないと思います。
当然の思いです。
しかし、赤ちゃんには、大人よりも直接被害が及んでしまいます。
このように考えると、食糧不足、水不足になるかもしれないという不安から、買い占めることもなくなるのではないでしょうか。
そう思います。
家族の分だけ、必要な分だけ、購入するようにしましょうね。
お店から水がなると、水の高騰も起こります。
水がインフレになると、切実に水が必要な人たちが余計に困まります。
いつも冷静に正しい情報を集めてください。
それに基づいて行動することです。
それが一番大切なのです。
(笑顔)
クリクラの口コミ評判どう?苦情や放射能が心配...【私のガチ体験談紹介】