レーザー脱毛施術後の日焼けはどうなる?

レーザー脱毛後、紫外線にあたり過ぎると、シミや色素沈着の原因になることがあります。
紫外線の刺激を避けるために日中は必ず日焼け止めを使用し、脱毛中は日焼けをしないよう心掛ける必要があります。
1~2か月前に日焼けをした皮膚は、目に見える変化がなくても皮膚内のメラニンにばらつきがあり、局所的にメラニンが増殖している場合があります。
そのため色黒の皮膚よりレーザー光の吸収が高くやけどしやすいと言われています。
紫外線対策は1年中という認識を持ち、脱毛前にUV対策と美白ケアを徹底することで皮膚内のメラニン量を減らし、やけどが起きるリスクを下げることが必要です。
また皮膚のメラニンが少ないと毛のメラニンにレーザー光が十分吸収されるため脱毛効果も上がります。
脱毛の前後は日焼けをしないという事を念頭に、徹底的な日焼け対策が必要です。
レーザー脱毛器トリア使い方ヒゲ